スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チッ。

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

心配していた親知らずは、まるで嵐がすぎさるかの如く抜き去られ
その後先生の説明通り→こちら 頬がぷっくり腫れて周りの人に
「どうしたの?」って聞かれました。(-。-;)

あの時笑わずにいたのは正解だったもよう。


ところで今日の我が家はサクラのお友達が三人お泊り。
まぁ、「箸が転んでも可笑しいお年頃」ですから
なんともかんともにぎやかでございます。

ちなみに私くし。
箸が転ぶと( ̄ヘ ̄;)チッっと舌打ちをするイヤなお年頃です。

そんなふてぶてしいアラフォー女も、娘のお友達の前では
例にもれずやさしいお母さんを演じております。

基本的にお友達に話しかける声は普段より若干高めのトーンで。
リアクションもいつもより2段階ほどオーバーに♪
アイドルの話だってノリノリで聞いちゃうよ~( ^∇^)キャキャキャ


もちろん毎回サクラに言われてます。




「話、入ってこんでええで。ウザいから。」









       チッ(  ̄、 ̄)θ ~゚




                    NEXT⇒⇒




←ポチっとよろしくお願いします。
























スポンサーサイト

親知らず

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

親知らずを抜く事になった。しかも2本同時に抜くらしい。
歯科医から抜いた後の説明が色々あったが最初の説明がコレ。


まず三日程ほっぺたがプクっと腫れて、周りの人から
「どうしたの?」て聞かれます。
(原文のまま)

・・・。(; ̄ー ̄)...ン?

此処は、はたして笑うべき所だったのかどうか・・・。
今だもって不明。


何せ歯医者と耳鼻科はできれば避けて通りたい私。
待合室での私のドキドキ感は小学生時代から全く進歩がない。


私は周りの人が少し怖い事に対して
ものすご~く怖がるしその反対もある。


例えば滅多にない大手術に対してなどは
周囲が驚く程平常心<( ̄- ̄)> エッヘン!

逆によくあるすり傷、耳鼻科などは
足が震えそうになるぐらい怖いのだ (゚_゚i)タラー・・・


「強いんか弱いんかどっちやねん!」
この突っ込みをこれまで何度うけてきた事か・・・。


とりあえず100数えるまでに抜歯が終わります様に・・・。


子供か!!(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ



                    NEXT⇒⇒



←ポチっとよろしくお願いします。
























プロフィール

マルティン

Author:マルティン
40代  主婦 関西住み
ブログの主な登場人物
息子:(ナル)大学生
 娘:(サクラ)高校生
  時々オトン

フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。