スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長すぎる一日 最終章

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

(この記事のはじまりは→こちら)


サクラの電話を切ってからは何がなんだかよく覚えていない。
私の頭の中は大パニックを起こしていた。


現場に向かう車の中で花子が加害者や警察への電話など
色々指示をしてくれているが
「うん。うん。」と返事をしながらも頭の内側がメキメキして
何をどうしたのかサッパリだ。
私はちゃんと花子の指示通りできていたのだろうか・・・。


自分で電話をしてきたので大したケガではないと自分に言い聞かせるが
サクラの顔を見るまでは安心できない。
頭の中でこれ以上は無理と思うほど神経がキリキリ立っている。


ただ、私の横に花子がいてくれた事がどんなに心強かったことか。
私から見ると花子はこんな時とても冷静で腹がすわっている。
ちょいとそこらの男よりよほど頼りになるのだ。

花子側から見ると私の尋常じゃないうろたえぶりのほうが
理解できないらしいが、私にすればサクラからの電話で
気を失わなかっただけでもよく頑張ったほうなのだ。
(頑張りのレベル低すぎ。)


私はこと子供事に関しては自他共に認める心配症。
自分も辛いし子供たちにとっても迷惑な話だが
こればっかりはどうにもならない。
(ちなみに自転車は壊れましたがサクラは軽傷でした。)


花子はその後の長~い(本当に長い時間かかりました。)現場検証に
全部つきあってくれ、調書にも目を通し一言警察に物申し(笑)
どちらが親かわからないほどしっかり面倒見てくれました。
(花子、ほんとありがとう。昨日まで輩呼ばわりしててm(_ _;)m ゴメン!!)


その後サクラが腰を打っていたので大事をとって病院へ行くことにした。
休日の夜なので診てくれる病院がなかなか見つからず
結局かなり遠い病院まで行くことに。
私は知らない病院だったが花子は知っている病院だったので
(花子は何故か病院と占い師のいる店はほとんど知っている。)

そのまま花子のお世話になり病院へ。
レントゲンを撮り週明けにもう一度再検査する事になったが
とりあえず痛み止めをもらい家に着いたのはもう11時をまわっていた。


花子、本当に朝から晩までお世話になって(なりすぎ!)申し訳ない。
パニックの中でも私の事落ち着かそうと色々話してくれてた事ちゃんとわかってたよ~。ありがとうね。


警察が現場に来た時、いきなり加害者と間違われていた花子。
(人は外見で判断されるの症例)
病院に土足のまま上がって看護師にマジ怒りされていた花子。
(大人が普通に怒られてる姿、ひさしぶりに見たよ。)


そんな花子が大好きだよ~!



ちなみにこの日はなかなか寝つけず午前2時を過ぎてやっと就寝。
そして数時間後。
どこかで何か気になっていた事を突如思い出し目を見開く事になる。







          

             ( ̄□ ̄;)!!








                  


                  社長はどうした?






   


<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!  忘れすぎだろ!




社長~!本当に申し訳ございませんでした。 (食い逃げ犯2名)





                    NEXT⇒⇒



追記;ちなみに社長はものすごく心配して下さり
  花子にどんな状況なのか何度も何度もお電話下さってたようです。
               m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・


←ポチっとよろしくお願いします。





スポンサーサイト

長すぎる一日 3

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

(前々日からの続き)この記事のはじまりは→こちら

初顔合わせという事で、社長から夕食のお誘いをいただいた。
私は意外に人見知りが強く、初対面の人との会話がものすごく苦手。
大勢人がいれば黙っていれば済むが、3人だけだとそうもいかない。
少し迷ったがせっかくのお誘い。ここはやはり行くべしと判断した。

幸いこの日はサクラもお友達と一緒に夕飯は済ませてくる。
外で夕飯なんてめったにない事だし正直ちょっとうれしい気持ちもある


社長はすご~く良い方で(そんなのお昼の時点でわかっているが)
夕食は私の好きな焼肉に決定お店に着いてからも何が好きかと
あれやこれやと薦めてくださる・・・・が、初対面の社長相手に

「あっ、私これとそれと~、」なんて言える奴がどこにいるだろうか。
もしいるとすればさっきから私の隣でひたすらメニューを見ている
花子女史輩先輩(やからせんぱい)ぐらいだろう。


私はアルコールが駄目なので気を張らない席では
いつもお子ちゃまの様にカルピスだのジュースだのを頼んだりする。

ただし周りがお酒の席では、多少なりとも気を使って
特別好きではないがジンジャエールなどの
色目的にお酒と違和感のないものを頼む事にしている。

とりあえず緊張していたのでまっすぐ体を前(社長方向)に向けたまま
花子のもっているメニューを横からなにげに覗いてドリンクを探す・・が

ジンジャエールが見当たらない。
どうやら一段目はサワー類のようだ。
ならば二段目は・・・ちょっと見えにくいが・・・アップル・・アップル?
おお!アップルジュースなのか?(゚∀゚)!!

果汁100%でさえなければ色的にはバッチリだ。
けれどアップル・・・の先が
サワーなのかジュースなのかがこちらからよく見えない。
それを確かめようと少~し体を後ろに倒した瞬間
ウソの様なタイミングでメニューが閉じられる。



(  ̄_ ̄)ボー






 アップルジュースウーロン茶下さい。(T_T)」


でもお肉はとってもおいしかった
私の小皿には社長によってドンドンとお肉が積み上げられる。
まるでわんこそば状態だ。

恐縮するのでせめて社長にお酌ぐらいはと思うが
その日は胸の下まである股義足をはめているのと
やたらテーブルが広い事で手が届かない。
ちょっと気を使えとチラリ花子に目をやるが・・・。
(o´-,_っ-)1秒で見る相手を間違えた事に気づく。


社長の話は人生経験豊富なせいか、さすがにどれもこれも
楽しい話や興味深い話でいっぱいだったが
私は内心まるで受験生が面接を受けているのかぐらいのド緊張で
必死に社長の話に耳を傾けていた。

社長の話に時々間があくと、手もちぶさになって
普段は苦手であまり食べない生野菜を小皿に取ってしまったりしている。
そしてその度生野菜を食べながら後悔するのだが
気づくと又自分で野菜を取ってしまっている。
これはいったい何なんだ~!。(ノД`)アイター
人間緊張すると訳のわからない事をするものなのか。


そんな状態だったので花子に言われるまで
カバンの中で携帯電話がなっている事に気がつかなかった。
いや、正確にはなんだかさっきから音はしていたと思うのだが
神経がそちらに回らなかったのだ。

社長のお話中失礼だとは思ったが
娘のサクラからだったので電話に出たが、どうも様子がおかしい。
ひょっとして泣いているのか?よく声が聞こえない。

 

  

    「お母さん・・・」(最近はえらそうにオカンと呼ぶのに)」












  
         
              「・・・・・・事故った。」
































                ゚(∀) ゚ エッ?







       


              
               ゚(∀) ゚ エッ??













工工工エエエエェェェ(゚Д゚)ェェェエエエエエ工工工








まだまだ書ききれない。      次回につづく。




                    NEXT⇒⇒


←ポチっとよろしくお願いします。













長すぎる一日2

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

(昨日からの続き)昨日の記事は→こちら


緊張しながら作業をしていたので
(決して難しい事をしているわけではありません)

時間の感覚がないままどうやらお昼前だったようで。

花子が電話を片手におにぎりの具は何がいいかと聞いてくる。
朝の花子との会話でお昼はコンビにで済まそうと話していた。

とりあえず「シーチキン。なかったら鮭~。」と返事して作業を続ける。
それまでにも時々花子が話しかけてはきたけど
「あ、そう。へぇ~。」などと生返事を繰り返していたので
花子が何を話していたのか内容は今もよくわからない。
私は元々何かを同時にできないし特に緊張している時はなおさらだ。

だから当然何かの枚数を数えながら花子の話を聞くなんて
所詮ムリなのだ。┐( ̄ヘ ̄)┌
でもこの時だけはしっかりと状況を把握するべきだったと後悔した・・・・。



サスペンス好きの奥様方はもうこの辺ですべてお見通しなのでしょうか。
お昼すぎ

社長、ご出社~~キタ━(゚∀゚)━!!









手にコンビニの袋もって・・・。





ダメ━━(T∀T)━━!
それ絶対ダメ━━━(T∀T)━━━!





花子~!!頭おかしいのかーー!!!
社長をパシリに使う社員がどこの会社におるんじゃ~!!
ボケー!!!
ワシまで一緒になって頼んだみたいになっとるやないかーー!!!
(▼皿▼メ)ノ(▼皿▼メ)ノ(▼皿▼メ)ノ!!!






ふぅ・・・。 取り乱してすみません・・・・。

本日より花子女史は 「輩先輩」 (やからせんぱい)と
改名させていただきたい。(ちなみに年は私より3つ下)


そしてお昼にパシリをさせられた社長は
この夜、私と花子女史改め、輩先輩に焼肉を食い逃げされる事となる。



社長、かさねがさね「申し訳ございません。」



まだまだ続くよ長い一日。


                    
                    NEXT⇒⇒


←ポチっとよろしくお願いします。


         次回予告     大パニック!サクラが車に轢かれ・・・・










長すぎる一日。

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

昨日は花子女史のお誘いでアルバイトに!花子女史については→こちら


外に出て働くなんて何年ぶりだろう(リアルに不安
他の仕事場ならまず間違いなく断っていたはず。

でも花子と一緒なら大丈夫かな?
花子は私にそんな風に思わせてしまう何かがある。
良い意味で魔王なのだ。


けれど心配はある。
花子は魔王であると同時にちょいとでもあるのだ。
老眼近しアラフォーの皆様。
(はな)ではなく(やから)でございますよ~。


今回の私のアルバイト起用もその一つだ。
こともあろうか会社の社長にすら事後報告。
なんともやりたい放題である。


だいたい社員何千人の会社ならともかく、
社員2~30人ぐらい?(たぶん)の
会社内で人事を社長に無断でやっちゃっていいのか花子~!


※ちなみに花子は副社長でも専務でもなんでもありません。



    ※印2回繰り返し。

  

「大丈夫やって!」のプラスな花子。
 
「それ絶対あかんやろ~。」のマイナスな私。


花子の鼻歌に私の心臓バクバク音を響かせて、いざご出勤~~。


この花子女史。こと仕事に対してはものすごく厳しい考えを持っていて
人に対しても自分に対しても決して甘えを許さない。
だからこの日も花子は休日出勤をしている。
(花子は家にいても仕事が気になるとゆっくりできない(T^T))

それをわかっているので、なんとか役に立とうと思う気持ちと裏腹に
何度も単純なミスを繰り返す私。(ダメじゃ~ん(;><))


初日とあって花子も私のミスをフォローしながら丁寧に教えてくれるが
なんだか申し訳ない気持ちになる。


でもこの時の「申し訳ない」はまだほんのプロローグで
これから夜中にまでかけてえらく大変な「申し訳ない」になろうとは
まだこの時は知るよしもなく・・・・。


                       
                                 次回につづく。
                    


                    NEXT⇒⇒                                            
←ポチっとよろしくお願いします。






 次回予告   (前編)    社長登場!

          (後編)    緊迫!サクラが!!!!!!
     








オトンの分析

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

昨夜オトンがほろ酔いで帰ってきた。
私はお酒を飲んでる時のオトンがとにかくイヤ。

昔はほがらかな楽しいお酒だったのに、年のせいか
飲むと愚痴っぽく、なにかと引っかかってくるので(いつもオカン限定!)
ついついケンカになる。
でも翌朝本人は覚えていないので(本当なのか?)なんとも始末が悪い。

だから私は長年の経験からオトンが飲んでいる時は極力話さない・・・
とゆうよりサッサと別の部屋へと移動する。(しゃべったら負け?)

昨夜もそうだ。私はオトンが帰るなり
一言も話さず自分の部屋でしたくもない洋服の整理など始めた。
ただし狭い家なのでどこにいても話し声は聞こえてくる。

で、こんな時毎度繰り返されるオトンと娘サクラの会話がコレ。

オトン 「お前、またなんかしたんか?」

サクラ 「なにが?」

オトン 「オカンとケンカしたんやろ?な~んか家の中空気悪いし。」

サクラ 「ケンカなんかしてないわ!」

オトン 「いーや、なんかいや~な空気やぞ。もぉ~!
     お前のせいでオトンまでとばっちりや! かなわんわ~。
     ほんまにわしはええ迷惑や~。」



・・・・・って、 オーーイ!!L(○ ̄L)!



さすが「Mr.ポジティブ!」( ̄へ ̄|||) お見事!





・・・・・・結論。
    「オトンはいや~な空気はよめるが家族の心はよめない。」

     

                    NEXT⇒⇒



←ポチっとよろしくお願いします。

無責任

(このブログを最初から読まれる方はこちらからどうぞ⇒)


(今日の記事↓)

私の母は花や植物がとても好きだ。
その母に薦められて部屋に観葉植物を置くことにした。

今までにも何度か買ってきた事はあるけれど
なぜか?ぜ~んぶ枯れる(゚ペ)?
ことごとく枯れるヽ(~~~ )ノ ハテ?

で、今回こそはとお世話しましたよ。
日向ぼっこさせたり、お水あげたり・・・
そしたらなんとグングン大きくなって!

思わぬ結果に調子づいた私。
(昔から調子にのるとロクな事がないのをすっかり忘れてる)
他にする事いっぱいあるにもかかわらず
さっそっく大きめの鉢に植え替えする事にしたんです。

で、ついでに良いこと思いつきました。
(昔からふと思いつく事はロクな事じゃないこと忘れてる)

「株分けしてドンドン増やすぞ!」
私、素人ながらにもなんとか株分け完了~(゚∇^d) グッ!!

で、の~んびりテレビなど観ていたら
ちょうど植物の株分けしてるじゃないですか!

で、皆様ご存知でした?
植物によって株分けする時期って決まってるのね・・・(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))
知らなかったのは私だけ??な~んとなくイヤな予感。


もちろん超特急で調べましたよ我が家の観葉植物の株分け時期・・・・・




5月・・・・・   今ってたしか十が・・・( ̄△ ̄)





あまりに後ろめたいので、何かできる事はないかと考えるも
今は肥料をやる時期でもないらしく・・・。

・(-_-;ウーン・・。ホントかどうか定かではないものの
植物は声をかけてやるとよく伸びるとなにかで聞いた事がある。
しょうがない!それに賭けるしかない!だから





     「後は自分でガンバレ!」




・・・申し訳ない。


                    NEXT⇒⇒



←応援クリックよろしくお願いします。

プロフィール

マルティン

Author:マルティン
40代  主婦 関西住み
ブログの主な登場人物
息子:(ナル)大学生
 娘:(サクラ)高校生
  時々オトン

フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。